消費者金融を利用する時、住宅ローンがある場合

消費者金融を利用する時、住宅ローンがある場合

消費者金融を利用する時、住宅ローンがある場合

消費者金融を利用すると住宅ローンの審査に対して影響があると言われることがありますが、これは果たして本当なのでしょうか。結論的に言えば影響はあることはありますが、それぞれのケースで影響の度合いは異なります。一般的に言われるように、消費者金融から借りたことが原因で住宅ローンを組むことができなくなったというようなことはありえることですが、どちらかというと少ないケースだと考えておいた方が良いです。

 

では、借りられなくなるケースとはどのようなものなのかと申しますと、消費者金融からの借り入れをして約束通りに返済をしなかったケースが挙げられます。約束通りに返済をすればそれで良いのですが、なかなかそれができない場合も多いでしょう。このようになると、消費者金融は事故情報としてブラックリストに掲載をしますから、それによって銀行のみならず他の金融機関からも借りることができなくなるケースが多いのです。

 

他にも、消費者金融へ返済をしている人の場合には、その返済金額によって借り入れができなくなることもあります。月々の返済金額が大きければ住宅ローンを組むことができなくなる可能性が高くなります。その理由は、住宅ローンへの返済に充てることができる金額が小さくなると考えられるからです。審査に全く通らない場合もありますが、借りられる金額が小さくなるケースが多いと考えておいた方が良いでしょう。この場合、返済をしていけば住宅ローンを組めるようになるケースが多いです。